新築一戸建てに書斎を設ける方法

バナー

新築一戸建てに書斎を設ける方法

注文住宅で新築一戸建てを建てる人は、自分のライフスタイルに合わせて、快適さを感じられる家づくりを行うものですが、プライベートな空間を充実させたいと考えた場合には、書斎を取り入れた新築一戸建てを建ててみるというのも面白いものです。

もし十分なスペースを確保できない場合には、階段下を書斎スペースとして活用するなど、こぢんまりとした形で取り入れることもできて、考えてみるとなかなか面白いものです。



もし本格的に造りこむのであれば、造り付けの本棚を設置して、蔵書をずらりと並べてみるのも楽しいでしょう。また、プライベートな空間ということでいうと、ロフト付きの新築一戸建てを建てるのも良いものです。

ロフトがあると、隠れ家的な空間を確保することができると共に、開放感を出すことができることもありますから、複数のメリットがあってお得だと言えます。

日本経済新聞の情報サイトです。

3畳分ぐらいのスペースでも十分立派な書斎として活用できますから、取り入れてみるのも面白いでしょう。

なお、ロフトというのは、設け方によっては閉鎖的な空間になりがちですが、大き目の窓を取り付けたり、窓を開けられるようにしておけば、外部から光を取り入れることもできますし、風通しを良くすることもできて、気持ち良く過ごすことができます。ただし、書斎として使う場合には、本棚を置いて、何冊も本を並べることもあるでしょうから、焼けてしまわないように位置には気を付けておきたいところです。

播磨町の新築一戸建て情報をお教えします。